トップ  >  各地区ガバナー紹介

MD333 各複合地区ガバナー紹介

333複合地区ガバナー紹介 333複合地区紹介

 

333複合地区協議会 各地区ガバナー挨拶

333-A地区(新潟県)

333a

District 333ーA L村越 勝蔵 75歳

新潟県 川西にいがたライオンズクラブ所属


 

スローガンは「仲間づくりで地域とともに明るい奉仕」としました。
①会員増強については100~150人純増を目標にします。毎年6月末退会者が100人以上になるので、各クラブ役員にお願いし何とかとどめることが出来れば、目標の倍増も夢ではないと思います。
②昨今、新クラブ結成は非常に難しい状況にありますが、FWTの協力の下、20人以上のクラブ支部の中からエクステンションに結びつけるよう努力します。
③会員相互のコミュニケーションを最大に尊重し、楽しいクラブづくりを優先します。。

333-B地区(栃木県)

333a

District 333ーB L蓼沼 一弘 58歳

栃木県 葛生ライオンズクラブ所属


 

ガバナー・スローガンは、「調和共栄」です。県内クラブの皆さんと一緒に一生付き合えるような仲間づくりと、地域づくりに取り組みたいと考えています。そのために、左記を方針に一年間がんばってまいります。
1、目標を立てクラブの活性化を!
2,会員の維持と増強!
3,勇気と決断共に一歩を踏み出そう!
4,楽しい例会こそが、クラブの和になる。
5,ライオンズクラブのPRを積極的に拡大しよう。

333-C地区(千葉県)

L正木守

District 333ーC L小髙 左起子 

千葉県 房総勝浦ライオンズクラブ所属


 

希望の新時代「令和」の幕開けに当たり、ガバナー・スローガンは「輝く未来のために~Love makes the future~」としました。伝統を守ると共に新たな波を起こし、輝く未来への架け橋となるべく、地区の持続的発展のためにまい進します。
個々のクラブの繁栄が地区の発展の原点というコンセプトの下、より充実した強いクラブ作りを目指し、時流と地域のニーズに沿った奉仕活動の在り方や例会の改善を提唱し、会員満足度の向上により定着率の改善と会員増強を目指します。
更には50周年を迎えたLCIFへの協力への努力を仰ぎます。

333-D地区(群馬県)

L野村洋四郎

District 333ーD L星野 勝美 68歳

群馬県 太田ライオンズクラブ所属


 

ガバナー方針「多様性で奉仕」、アクティビティ・スローガン「CHALLENGE」としました。多種多様な人たちと仲良く奉仕活動で結びつき、その奉仕活動も時代と共に変化し、新しい領域にもチャレンジしていこうという意味です。
皆さんが元気に楽しく活動出来るように、多くのセミナーを開き情報提供に努めます。
そして特に多様性を意識し、若者や女性の会員拡大も強く訴え、支部を設立するよう努力します。またLCIFに対して正しい理解を得られるようにし、キャンペーン100に協力したいと思っています。

333-E地区(茨城県)

L橘大造

District 333ーE L大髙 宣靖 64歳

茨城県 水戸ライオンズクラブ所属


 

ガバナー・スローガンを「不易流行」と致しました。どんなに時代が変わっても変わらない不変のものと、時代の流れと共に変わりゆくもの…。
アクティビティ・スローガンを「変えてよいこと 変えてはいけないこと 変えなければいけないこと」としました。各クラブが事業運営の見直しをして、新たな第一歩を踏み出す年度にして頂きたいと考えています。
そして私は憧れの山田實紘LCIFキャンペーン100国際委員長の補佐官を務めておりますので、LCIFに誠心誠意力を入れていきたいと思っています。


 

※上記は、ライオン誌7月号掲載されたものを転載しました。

投票数:37 平均点:10.00
カテゴリートップ
TOP
次
333複合地区紹介