トップ  >  各地区ガバナー紹介

MD333 各複合地区ガバナー紹介

333複合地区ガバナー紹介 333複合地区紹介

 

333複合地区協議会 各地区ガバナー挨拶

333-A地区(新潟県)

333a

District 333A 加藤 敏敦(かとう としあつ)

新潟県 三条中央ライオンズクラブ所属


 

2年間の研修期間を経て、ここまでたどり着くことが出来ました。次年度は、ライオンズクラブ国際協会創立100周年のスタートに当たり、これまでの歩みを見直し、次への100年に向け、次代を担う青年・女性会員増強を積極的に推進し、地域のニーズに合ったインパクトのある奉仕活動を展開する1年に、との願いを込め、スローガンを「つなごう未来へ、新たな出会いと心の奉仕」を掲げました。地区を上げて100周年記念のスタートにしたいと思います。同期ガバナー各位には、より一層の情報交換を致しましよう!

333-B地区(栃木県)

333a

District 333B 福田 幸信(ふくだ ゆきのぶ)

栃木県 今市ライオンズクラブ所属


 

スローガンを「積小為大」としました。会員一人ひとりが小さな積み重ねを大切にして目標達成するという私の思います。会員増強は永遠の課題であり、それのためには、楽しい例会こそがライオンズの原点であり、その結果各種の奉仕が出来ると確信している次第です。
年次大会のテーマも「明日のクラブの為に!」とさせて頂き、第一歩を踏み出します。
会員全員が協調と相互の理解と共にこの1年間微力ながら努力する所存です。

333-C地区(千葉県)

L正木守

District 333C 松本 宰史(まつもと おさし)

千葉県 南房総ライオンズクラブ所属


 

スローガンを「希望あふれる海原(うみ) 奉仕の帆を上げ 新たな百年へ よーそろー」としました。
海で鍛えられてきた関係から、テーマは海です。何より大切なことは、松本丸の出船には、荒海が待っています。1年間の航海から無事帰港するには、チーム一丸となって取り組まなければなりません。その過程や取り組みからライオンズの精神を分かち合い、自信と誇りを高めること。地区メンバーはもとより地域社会が豊かな心を育むライオンズ活動を念頭に置き、更なる100年に向かう組織力の構築を目標にしたいろ思います。

333-D地区(群馬県)

L野村洋四郎

District 333D 藤井 良昭(ふじい よしあき)

群馬県 渋川ライオンズクラブ所属


 

スローガンを「友愛と奉仕」とし、ガバナー業務にまい進する決意を新たにしております。奉仕活動を使命として行うライオンズクラブの根本は「友愛」であり、広い世界で人と人を結ぶ絆が原動力です。これまでのライオンズの歴史を鑑み、効率の良い地区運営並びにクラブ運営、クラブの個性を生かしたアクティビティ推進、そして「地域との協働」を更に深めていけるよう支援・整備し、100周年に向けて更なる発展に尽力することを今期地区運営の基本と考えております。ライオニズム高揚に誠心誠意、努めてまいります。

333-E地区(茨城県)

L橘大造

District 333E 中嶋 正昭(なかじま まさあき)

茨城県 日立ライオンズクラブ所属


 

スローガンは「みんな仲良く」です。平易な言葉にこと真理があるものです。意見の相違は誰にでも、どこにでもあります。しかし同じ志を持って入会したライオンズが同じ方向に向かって小さな一歩を踏み出すことが出来れば、大同団結も出来るものと信じます。ライオンズクラブはシカゴ国際大会で100周年を迎えます。記念事業を盛大に盛り上げつつ、地道に奉仕活動を進めましょう。そして、明るい社会づくりを目指してこれからも活動していきましょう。今後とも、会員皆様のご活躍を心よりお祈り致します。We serve


 

※上記は、ライオン誌7月号掲載されたものを転載しました。

投票数:24 平均点:10.00
カテゴリートップ
TOP
次
333複合地区紹介